FC2ブログ

「芋虫とカテーテル」 其の参。

「なあ、佐緒里・・・お前のコレ、ふにゃふにゃだぜ。」

御主人様はそう言うと私のロリポップを優しく踏みつけた。不意に圧力をかけられた私の蕾からはヌルついた液体があふれ出した。

「お前はホント、女になったよ。こんなに濡らしてさ。」

御主人様は耳元で囁くと、今度は強めに力を込めた。

「あ・・・ありがとうございます。御主人様に・・・女の・・・マゾの・・・セックスを躾けて頂いて幸せでございます。」

「お前が女になったのは俺のせいだって言うの?」

御主人様は少し不満そうにそう言うと、私のロリポップを更に強い力で踏みつけた。

「いえ、私は自分から望んでこうなったんです。御主人様はそんな私を気味悪がらずに許して・・・飼って下さって・・・嬉しくて、嬉し涙の代わりに女性のように恥ずかしい雫でこんな風に濡らしてしまうのです。」

「お前はさ。もう立派に女だよ。お前の紅いマニキュアを塗ったその爪。働く男の手とはかけ離れたやわなその細い指と腕。男を誘う尻。しゃぶるのが上手になった熱い唇。そんなお前のすべてが俺のものだよ。」

私はそんな言葉をまるで美しい音楽のように聞きながら、再び強い欲望で膨れ上がった御主人様のディックで喉の奥まで使われ始める。

「どうだ。俺のは・・・」

私はしゃぶり、えずかされながら答える。

「立派で・・・お、・・男らし・い・・ディックでご・・ざい・・ま・・す。」

それに御主人様が言葉を返す。

「何もかも、従順で・・・お前はかわいいよ。」

その優しい言葉と反対にさらに強く私のモノは踏みつけられ、意識の外にあった頬をほぼ同時に張られると、私は、ああッと呻くと自身のアヌスホールを何度もひくつかせてしまった。そこには固定された黒く禍々しい男根を模した大きな張り型がずっぽりと埋め込まれ、犬の尻尾のように震えていた。

「俺のディックをしゃぶるとお前はどう感じるんだ。」

暗闇に蠢く芋虫

一瞬、私は混乱の中で考える・・・そうその一瞬の間、その遅い回答に御主人様がさらに足に力を入れた。次に発した私の答えはひとつしかなかった。

「気持ちいい・・・気持ちいいです。御主人様のディックをしゃぶると気持ちいい~~~~ッ。」

最後に言葉は感極まって絶叫になった。

「そうか、しゃぶると気持ちいいのか。じゃあ、しゃぶりながら気持ちよくなったら、すぐに言葉にするんだこのマゾメスめ!!!」

支配欲のこもったその美しい言葉の響きに、私は何度も踏まれたロリポップをあふれる汁で汚し、凶器のように硬い御主人様のディックをしゃぶりながら、何度となくひとつの言葉を念仏のように唱え続けていた。

「御主人様のデイックをしゃぶると気持ちいい・・・ディックをしゃぶると・・・気持ち・・・いい・・・。」

今・・・私のロリポップは、踏みつけられ続け、その圧力で縮み切って萎えているにも関わらず、ヌラヌラとマゾヒスティックな喜びで濡れそぼり、まるで芋虫のように見えるに違いない。

~続く~

テーマ : 強制女性化
ジャンル : アダルト






「芋虫とカテーテル」 其の弐。

私はまるで如来像のように胡座をとらされ、さらには全身にキツク縄をかけられ身体の自由を奪われたまま「モノ」のように扱われ悶絶する。大きく育った御主人様のディックで喉の奥まで犯され、涎を垂らし、今、強制的にしゃぶらされているその愛惜しい「モノ」の事しか考えられなくなっていく。

時折、繊細に頬を撫ぜる御主人様の手が、一変、嬲るように平手で打ちつけられる。粘着テープで目を塞がれ視覚を奪われている私が感じられるものといえば、御主人様がビンタを与えて下さるその瞬間に頭の中をフラッシュする白い閃光の連続と星のような煌めきと痛み。そして、ダンテも想像したであろう地獄の底・コキュートスへ墜落していくかのような浮遊感の中で、私の心は御主人様の悪魔的な愛情に呪縛される。もう私は完全に身も心も堕ち切った完全なる性処理奴隷だ。

脚フェチ♪

こんな姿を人に見られたら、どう思われるだろう。そう、例えば・・・この部屋に入る前に路上で出会ったあの品の良さそうな美しい母親と可愛いらしい男の子。

「お母さん、女の人みたいなお兄ちゃんが変なことしてるよ。」
「○○ちゃん、ダメよこんな汚らわしいものを見ちゃ。さあ、行きましょ。」
「だってさ、お母さん・・・」
「いやあねぇ、涎まで垂らして喜んでるじゃないの。この変態・・・」

いくら清楚な人妻、真面目な母親を装っていても、これだけの痴態を見せ付けられれば、きっと心の中では舌なめずりをして、スカートの中の白い布の奥に隠された蜜壺はきっとヌルヌルと粘った液体を分泌させている・・・そんないけない妄想が、私の小さく縮んだままのロリポップをしとどに濡らしていく。それを察した御主人様が耳元で囁く。

「いやらしいなぁ。佐緒里は・・・もう、濡らしてるのか。まだまだ始まったばかりだよ。」

「・・・・」

私が忘我の世界で無言でいると、突然、平手が頬を襲った。

「お返事出来ないのかな???」

「はひッ。御主人様ッ、申し訳ありませんッ。」

「仕方ないなぁ。こんなに壊れてしまって・・・」

すると御主人様は私を後ろから抱くように身体中をまるで母親のような優しさで撫ぜはじめる。強烈な痛みの後に待っていたのは心が蕩けるような愛撫。私は再び忘我の世界に引き戻される。そして目の前に与えられた御主人様の様々な部分をまるで赤ん坊が乳を吸うかのように一心不乱にしゃぶりはじめた。

~続く~

テーマ : 強制女性化
ジャンル : アダルト






「芋虫とカテーテル」 其の壱。

暗闇のリビング。
たった一つの電球がぼんやりと私を照らす。
しかし、その光を感じられるのは電球の発する熱による感覚だけだ。
今の私に視覚は許されていない。

先程までは綺麗に着飾り化粧も施し、黒い網タイツに包まれた脚線を自ら眺め、ナルシズムの泉を漂っていた私。そう、本来自分が男の性を授かったことなど、すっかり忘れて・・・私はその時、ひとりの女性として喜びを感じていた。

しかし、私の本質は「人」であって「人」でないもの。女の形を模した人形に過ぎない。私はこれから、自らの意思を持たぬ人形として、完全に自由を奪われる身なのだ。

美しい服も下着も剥ぎ取られ全裸に剥かれ、私は一瞬、恥ずかしい生の自分を感じさせられる。しかし、すぐ様、手も脚も緊縛の縄化粧を施され人形というより寧ろ「芋虫」の様に床に転がされる。

緊縛ピーチ♪

そう、私は御主人様の「オモチャ」なのだ。美しく着飾っても、気まぐれにその美しさを剥ぎ取られても、常に私は御主人様の所有物であり「オモチャ」なのだ。

不意に髪を掴まれ身体をそのまま引きずり上げるように起こされると、リップの剥げかかった私の唇にまだ勃起もしていない柔らかなままのディックを頬張らされた。力強く両の手で頭を固定し、御主人様は私の頭をまるでオナホールのように腰を動かしながら使い始めた。

柔らかなディックは、次第に生気を増し硬さを取り戻していく。
私の唇の中は溶鉱炉のように熱を帯び、まるでマグマのようだ。

「ああ、お前の唇で俺のモノが溶けてしまいそうだ。」

御主人様はそういうとわざと乱暴に腰を打ち付けるように動かした。
喉の奥まで犯され、胃液を吐きながら・・・私は何故かとても幸せな気持ちだ。それが何故なのかと問われれば、言葉では表せない御主人様の生の感情を脳髄に直接打ち込まれているように感じるからだと私は答えるだろう。

そう、コレはMASTER<S>とSLAVE<M>を繋ぐ愛にも似た信頼の絆なのかもしれない。

~続く~






ご主人様からのメール・リターンズ。

家畜人やぷーが留守の間、俺は一人キーボードを叩きながら、こっそり、お前の恥ずかしすぎるご奉仕を思いだしていたよ。

俺のデスクの下の暗闇にお前はハトのように肩をすぼめて、ちんまりと座っている。息を潜めて待っている。

俺がここに来て座ればそれだけで、俺のディックは無防備に、お前の目の前に投げ出されることになる。

だからお前はデスクの下の暗闇で当てもなく待ち続け、ふらりと来て座った俺のディックを、宝物のようにいとおしく、機関銃のように無遠慮に咥えて、離れない。

お前の燃える唇と、お前の甘く濡れて絡みつく舌。

やがて、お前の呼吸は荒くなり、口の端からその息が漏れると、たっぷりの唾液で柔らかくなったクチビルは、ズルズルと卑猥な音を立てる。

俺のディックはもうさっきからマックスだよ、
お前が何度も音を立てて吸うから、
大きな音を立てて繰り返し吸うから、

ほらもう、ディックの先から、俺の味がしただろ?

ヤプーな私♪






痛み(ペイン)の裏側にあるもの。

お尻が赤みを帯びるまでスパンキングを頂く。
乳首が充血するほど引っ張り上げられる。
その充血した乳首にも強くスパンキングを頂く。
髪をつかまれ引き上げられ毛根が悲鳴を上げそうになる。
こうした快楽を超えた痛みが身体に火を点ける。

最近、もっとも感じるのは頬を張られること。
やさしく頬をなで上げられた後に不意にやってくる痛みが、私の中のご主人様への被所有願望をMAXに引き上げる。

私はご主人様からビンタをひとつ受けるたびに「愛しています。」と自然に答えるようになった。
何だろう・・・頬を打たれるたびに心の奥底から湧き出すこの愛惜しい気持ち。

バシッ!!!

「愛してます。」

バシッ!!!

「愛してます。」

バシッ!!!

「愛してます。ご主人様。」

頬を張る乾いた音が永遠の愛に感じられる。そして、最高に隆起し切ったディックを喉の奥まで差し入れられて、胃液を吐き出しそうになりながらも奉仕に喜びを感じるこの気持ちは・・・いったい何なんだろうか?

すっかり、支配され切ったそんな私にご主人様は語りかけます。

お前は、この愛し方(痛み)に深く感じ入っているようだけど・・・そればかりを求めていてはダメなんだ。会話っていうものは一つじゃない。俺たちの会話の引き出しは一つじゃないんだよ。
今夜は、たくさんある愛し方の中から痛みを与える方法をとっただけ。もっともっとお前を喜ばせる愛し方があるはずだよ。選択肢を狭めてはいけないよ。俺が佐緒里と紡いでいく時間が長くなればなるほど、その喜びは増えていくんだから。

その言葉に私は気付く・・・

ご主人様から与えられた痛みが喜びに変わった理由に。





プロフィール

サオリーナ

Author:サオリーナ
ちす♪ 佐緒里です^▽^)b
オトコに生まれたけれど・・・
御主人様と出会ってすっかりオンナに育てられてしまいました。
愛さへあれば・・・変態でもイイじゃん♪

2003年よりWEBSITE「佐緒里のラヴトピア」<2010年終了>を立ち上げ、それ以来ネットの海を漂っています。

当ブログ・リンクより「画像も貼れるけど語り場的BBS」に跳べます。 コチラの掲示板では楽しく時にはHに語り合いましょ。

※カテゴリ・リンク「マイポートレート・ギャラリー」は私の女装&フェティッシュ写真集となっております。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

新マニアック☆オナ

熟女装 恵理子

女装Crossdressだいすき

Crossdresser 女装 男の娘?
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード