FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





回想録Ⅲ。御主人様と私<第3章・肌が伝え合うもの>

旧サイト「ラヴトピア」より再録。始まりの記録。当時の画像と共に…



☓  ☓  ☓  ☓  ☓  ☓  ☓  ☓  ☓  ☓

御主人様と私 <第3章・肌が伝え合うもの>

いつものようにお風呂に入りメイクを施し着替える私。御主人様の今夜の御指定は「黒」

黒の網タイツ

黒網のスリップ

黒の首輪

そして、黒で覆われた隠微な身体に真っ赤な口紅が薔薇の花のように咲く。今夜、私を御主人様は、どのように抱かれるのだろう・・・しばらくして、黒のレザーで全身をキメた御主人様が紅緒の前に現れる。

「どうだ?佐緒里」

しなやかな肉食獣のような肉体が黒革に包まれて雄のフェロモンを更に発散させる。私はそのビジュアルだけで幸せな奴隷へと堕ちていく。

「男らしくて素敵な御姿です。御主人様。」

御主人様が、意地悪く言います。

「お前の姿もいやらしくて素敵だよ。まるで娼婦のようだ。」

私は御主人様の足元に縋り付いて御主人様の匂いを頂く。革の匂いに包まれて、クラクラしちゃう。

「ああッ・・・とっても雄臭い・・・」

御主人様に、後ろから力強く抱かれて、紅緒の身体は、軟体動物のように力が抜けてしまう。御主人様の手が身体を弄り、侵入してくる。ゴージャズな愛撫を受けて、何も考えられなくなる。そして、御主人様は黒い下着の胸元に手を滑り込ませ、鷲掴みにして言う。

「お前の心と身体は誰のものだ???」

「全て御主人様のものです。」

「お前は俺の何なんだ???」

「佐緒里は御主人様の女です。」

そう答えると、御主人様が、佐緒里のお尻に強く激しくスパンキングします。

「違う!お前は俺様の牝犬だッ。違うか?」

私は、お尻の痛みさえ快楽に変えて御返事してしまう。

「そうです。御主人様の牝犬です。」

「佐緒里、お前の全ては俺様のものだ。」

御主人様の硬くなった力強く脈打つマグマのような強張りへと私の唇が導かれる。私は何の抵抗も無く、全てを受け入れる。

佐緒里の口いっぱいに、御主人様の熱い体温と瑞々しい肌の感触が広がっていく。

「男らしくて力強い、御主人様の味がします。」

御主人様は、その言葉を聞くと美しい顔を快楽にゆだねて、歪ませていく。

「御主人様、佐緒里はこの味が大好きです。」

私の唾液と御主人様の粘液と二人の汗の匂いが、佐緒里の理性を失わせる。この匂い・・・御主人様の男らしい体臭と、この肌の味が無ければ私の喜びは完結しない。御主人様の肌から発するわずかに残ったフェロモンさえも佐緒里の舌は貪欲に汲み取っていく。この匂いも味も、肌の感触もすべて御主人様と共有した長い時間が与えてくれたものだという事に私は気付く。そして、御主人様の着る黒いレザーの淫靡な匂いが、その喜びに花を添える。

正常位で御主人様を受け入れる時、紅緒は自分の中の母性を実感する。その時の二人は、胎児のように丸くなって抱き合いながら、子宮に帰っていく錯覚に陥る。

「お前は、俺無しでは生きていけないよ。」と御主人様が小さく囁く。

私は、御主人様の体重を一身に受けながら、その言葉に小さく頷いた。

☓  ☓  ☓  ☓  ☓  ☓  ☓  ☓  ☓  ☓

【佐緒里の回想】
一瞬一瞬の心の動きを忘れたくないという想いが、こういったテキストを懸命に書かせたのだと今ではわかります。言葉が紡ぐこと。肌を合わせること。忘れえぬファーストステップ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]








COMMENT

Seacret




プロフィール

サオリーナ

Author:サオリーナ
ちす♪ 佐緒里です^▽^)b
オトコに生まれたけれど・・・
御主人様と出会ってすっかりオンナに育てられてしまいました。
愛さへあれば・・・変態でもイイじゃん♪

2003年よりWEBSITE「佐緒里のラヴトピア」<2010年終了>を立ち上げ、それ以来ネットの海を漂っています。

当ブログ・リンクより「画像も貼れるけど語り場的BBS」に跳べます。 コチラの掲示板では楽しく時にはHに語り合いましょ。

※カテゴリ・リンク「マイポートレート・ギャラリー」は私の女装&フェティッシュ写真集となっております。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧

新マニアック☆オナ

熟女装 恵理子

女装Crossdressだいすき

Crossdresser 女装 男の娘?

りこれく
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。